不動産査定をすることで今の家の価値を知ろう

不動産査定をすることで今の家の価値を知ろう

一家

不動産を購入したらすること

賃貸物件を借りていると、いろいろと不便なことも出てきます。この際思い切って不動産物件を購入し、住居にしようと考える人もいるでしょう。
良い家を購入した後はそのままではなくできれば定期的に不動産査定をしたほうがいいです。

男女とマンション

一括査定ができる

いつなんどき、所有する不動産を売らなければならないという事態が起きるかもしれませんので、今の価値がどのくらいか知っておくことは大切です。
不動産業者に声をかけると売ってくださいと勧誘が来るかもしれないと考えて売れないという人は、概算だけでも知ることができる一括査定を利用すると良いです。

不動産売却するべきタイミングベスト5

no.1

市場で徐々に値上がりするとき

不動産の査定をして、売却しなければならないタイミングとして最もベストなときといえば、土地価格とマンション価格が上昇したときです。いつまで上昇するか分からないので、上昇し続けているタイミングで売却するのがベストです。

no.2

季節

居住用の財産は2月から3月が売れ時だとされています。このタイミングで最も高く売れるかはわかりませんが、市況よりもタイミングが計りやすいので多くの人がこの時期に売却を目指すのです。1月ごろに売却活動を開始すると良いでしょう。

no.3

築年数

建物は年月を経るごとに価値を下げていきます。築15年のタイミングで売るのが良いですが、このタイミングで売ることを計画している人は少なくなってきます。逆に26年以降になると価値の下げ止まりがあります。

no.4

修繕履歴

ランキング4位は修繕履歴です。購入した後には修繕履歴をきちんと残しておくことが大事です。特に築15年以降なら、一度は修復しておいたほうがいいでしょう。修繕直後に売却を行なうのが良い方法だとされています。

no.5

所有期間

税金のことを勉強している人は不動産査定をしてもらって売却するタイミングを、所有期間で決めます。5年未満だと短すぎるので、一番良い売却のタイミングは5年超だとされています。ただし、居住用であればあまり税制は気にしなくても良いです。

広告募集中